上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「エノシマトレジャー」に参加してきました。
最後。

エノシマトレジャー
(企画・監修)◆宝探しサイト【タカラッシュ!】

=============

ぜいぜいはあはあと年齢を感じつつ、最後の謎である「時空の章」の目的地に。
そういえば「たこせんべい」を食べる予定でしたが、行列が長すぎて食べれなかったわっ。

<時空の章>
無題3

・緑の円とは円形の緑地のこと
・時の装置とは時を知らせる機械のこと。
・上野イラストは展望台。円の中心からは450m離れている。
・右の人物はモース博士。
・左は弁財天。建物の中ではなく泉の中心にいる。

あっさり「北緑地」であることがわかったので、そのまま町場に降りていきました。

DSC05829.jpg

お祭りの催事として音楽が演奏されており、楽しそうなムードでした。
「時の装置」=「時計だろう」ということで、時計を探しながらてくてく。

「あっ!弁天様だ~」
…と、弁天像を見つけて近づいたら、

DSC05830.jpg


あっ。時計…Σ(=□=;

(予定外に)発見。

DSC05831.jpg


モースの像もありましたが、ちょっとわかりにくいんだぜ…


DSC05832.jpg

===========

以上より、

「水場のうしろの柱にあり」
「聖なる力に守られている」
「神獣によって守られている」


という、3つのキーワードが集まりました!!


……白い門が見つからなくて向かおうとしていたところだ!(ぼそっ)


最後のキーワードゲットだぜ★

DSC05833.jpg
DSC05834.jpg


この日は春祭りの為、島の入り口に特設報告所がありました。
報告して景品をいただいて終了。
よく歩いた一日でした(…次の日動けませんでしたから…)

DSC05835.jpg

============

C1に比べて完成度が高く、おもしろかったです。
気になる点もありましたが、ロケーションとネタがマッチしていてとても良かった!

モバイル版や外伝もやりたかったのですが(当初予定では参加する予定でしたが)予想以上に足がカクカクだった為断念…。来年の為にも運動しましょうね、私…。


<他の方の感想>

エノシマトレジャー体験記epicsさん)

↓「エノシマトレジャー2」の感想です。

◆モチヅキケイコのSpice up everyday
江の島まつり エノシマトレジャー その1
江の島まつり エノシマトレジャー その2
江の島まつり エノシマトレジャー その3
江の島まつり エノシマトレジャー 最終回

============


最後をさらりと書きましたが、不満点。


いや、あの宝箱のまわり、お子様でいっぱいだったんですよっ…。
いいんだけども。仕方ないのだけども。

最後の宝箱は一人で開けたい。自分だけの物語にしたい。


そんなことしたら無駄が多いけれど、自分たちの作るゲームではそうしたい。
せっかくだし!!!


と、いうことで。

宝箱、作ってみることにしました。

◆材料(東急ハンズで買えます)
・小箱  500円くらい
・ちょうつがい 2種類で500円くらい
・柿渋 1本 700円くらい

DSC05937.jpg


現在は柿渋塗って、色味を出しています。
(焼桐を使えば色塗りの手間が省けるのですが、その分小箱を作る必要が生じます。)

DSC05941.jpg


…おかしいなあ。

28日に鍛治川さん(ぶらり下北沢)と打ち合わせをしたときは、「Crimson Fox」について語りつつ、「iphoneなどのデジタル機器を使って云々」「大きい人数を動かすには云々」…言っていたはずなのだが。

結局ハンドメイドが楽しいってことでしょう…。

宝箱の進捗はまた後日。
スポンサーサイト
エノシマトレジャー」に参加してきました。
続き。

エノシマトレジャー
(企画・監修)◆宝探しサイト【タカラッシュ!】

=============

もう1回と書きましたが、心底ネタバレするのは閉幕後としますー


1つ目の謎を解いた我々は、ヒントを全て回収するため 16「あぶらや」さん、17「見晴亭」さんへ。

無題

無題2

あぶらやさんは和風の、庭が美しいお店でした。
休憩に良さそう。→参考

DSC05819.jpg


見晴亭は見晴がとてもよかったです。江ノ島の先端。→参考

DSC05821.jpg


…しかしこのヒント、「龍恋の鐘」関連ばかりで…(=_=;
マップデザインとしては微妙な感も。
1-10の江ノ島商店街?にあるヒントとシャッフルしても良かったのではないかしら。

15の「江之島亭」も含め、この3店舗は評判がいいんですよね。

来年参戦するときは、この辺でお昼とります。
(当日、江之島亭には行列ができていたので12-14時あたりは混むこと間違いありませんが、景観も含めて期待できます)

DSC05822.jpg

階段が多くてぜいぜいはあはあ。
町歩きに向いているけどそれなりにフォーマルな靴がほしい…っ。

=========

さて。
<双獅子の章>の謎に挑みます。

無題2

・唐獅子は絵画。
・白い門に描かれている。
・牡丹は天井画。
・聖地を守る結界のそばにある。
・大きな門が目印。
・門の横にある。


ヒントは全て回収したのですが、「白い門」は心当たりがなく…(=_=;

地図のバランスから考えてもこの辺だろう、というあたりをうろうろすることとしました。
↑ゲーマー的な考え方。


無題


この「獣王」ってのが怪しいんじゃね?

…ということで階段をてくてく下りていきましたら。


DSC05823.jpg


……白い門、あったね………(=□=;
行きで「エスカー」を使ったこともあり、すっかり見落としておりましたー。

==========

「瑞心門」というこの門は、昭和61年に建てられたとか。

DSC05825.jpg


たしかに、天井に牡丹が描いてあります。

やたっ!門の裏に…と思いましたが。

見 つ か ら な い orz


上に上がったり、下に下りたり、近くにあるものの足元を捜し歩いた結果…


ついに発見★

DSC05828.jpg


いやあ、ガチで疲れました。

つづきます。
あと1回で終わります。3月31日18時に予約しときます。
エノシマトレジャー」に参加してきました。
続き。

エノシマトレジャー
(企画・監修)◆宝探しサイト【タカラッシュ!】

=============

ヒントを拾いつつ、島の奥まで進むことにしました。

DSC05804.jpg

DSC05807.jpg


江ノ島、2回目だったのですが

……こんなにアップダウン激しかったっけ……(=□=;

などと思いつつ、巡り歩きます。


途中、赤い像とか

DSC05805.jpg

海が見える断崖とか

DSC05808.jpg

龍が守る神社とか

DSC05812.jpg


見ごたえのあるロケーションが満載でした。
江ノ島って龍が祭られていたのだなあ…こんなにあからさまなのに、前回は気付かなかった。
(前回は庭園で海を見ながらコーヒー飲んでぼへっとして帰りました)

こういった奥の部分まで歩いてもらえる、というのはゲームの利点だと感じました。

ただ、どうもゲームに集中すると「ゲームの謎に登場するオブジェクト」を探してしまう為、例えばこのタイミングだと、「龍に関係する音が出るところー」…を探しつつ歩いていました。

丁度春祭り中で大道芸などもやっていましたが、足を止めて楽しむ余裕がなかったのは勿体無かったなー

============

さて、ずんずん歩いてヒントを二つゲット。

DSC05806.jpg
DSC05809.jpg


お店の店頭で鐘の模型や鍵が売られたりしている為、これは「龍恋の鐘」で正解だろう、ということでそちらに移動。

DSC05814.jpg

江ノ島には、五つの頭を持つ悪い龍が、天女に恋をしてしまい、結婚するために悪行をやめたという伝説があるそうです。江ノ島の恋人の丘にある龍恋の鐘は、この伝説にちなんで設置されたそうです。

この南京錠には「二人の仲に鍵をかけて、いつまでも一緒にいようね!」という、恋人達の願いが込められているんだそうです。

(引用元:http://www.three-f.co.jp/yokohama/syounan02/nankin.html


いまひとつ伝説と鍵の由来が一致していない気もしますが(^_^;
南京錠にはカップルの名前が書かれておりました。

ついに発見!


DSC05816.jpg


…したのですが、ニアミス。
ニアミス自体は仕方ないのですが、並ぶのがツライところ。

ただ、「宝箱を開ける」形式だった「C1グランプリ」よりショックは小さかったのには驚きました。
ニアミスする部分では「掲示型(自分以外の人間が見ても違和感がない設置方法)」の方がいいのかも知れません。


DSC05815.jpg


続きます。次で終わりー。
エノシマトレジャー」に参加してきました。
続き。

エノシマトレジャー
(企画・監修)◆宝探しサイト【タカラッシュ!】

=============


エスカーを降り、頂上近くのヒント提供店舗「ガーデンパーラー」に。

観光マップと地図、今まで集めたヒントを元に謎を解きにかかることにしました。

エノシマトレジャーでは重複ヒントはありませんでした。
(C1グランプリではヒントが被っている店舗が多かったのです…)

DSC05798.jpg

◆ヒント
<時空の章>
無題3

・緑の円とは円形の緑地のこと
・時の装置とは時を知らせる機械のこと。
・上野イラストは展望台。円の中心からは450m離れている。
・右の人物はモース博士。
・左は弁財天。建物の中ではなく泉の中心にいる。

ふむふむ。

観光マップに「北緑地」ていう円形の土地があり、その近くにモース博士の像もあります。
ここでしょう。
DSC05918.jpg


<双獅子の章>
無題2

・唐獅子は絵画。
・白い門に描かれている。
・牡丹は天井画。
・聖地を守る結界のそばにある。
・大きな門が目印。
・門の横にある。


観光マップには「白い門」も「天井画」も見つからず。

地図に記載されている「聖地」あたりにあるのだろうか…
しかしこの地図、地図としては心もとないのだが…

DSC05919.jpg


<残響の章>
無題


…のっ……ノーヒント…だ…と… ( ̄□ ̄;)


ここだけは答えに目星がついていますし、ヒント回収しつつ回るかー、ということになりました。

書いていて
「……ヒントをきっちり回収すると最早謎解きになってない…」ということに気付きましたが、まあそこはそれ。

==========

この店舗、ヒント設置のレイアウトが素晴らしかったのでその解説を。

「ガーデンパーラー」さんは、名前の通り、庭部分が広いです。
↓こんな感じ。海も見れます。

DSC05803.jpg

DSC05800.jpg

公衆トイレやフリーの飲食スペースもありますし、セルフサービスなので島の中では安く飲食することが可能です。

DSC05799.jpg


建物の配置を図にしますと、こんな感じ。

新規キャンバス


エノシマトレジャー」をプレイしているお客様の進行予測がこんな感じ(ピンクの矢印)

新規キャンバス2


C1のときにも感じたことですが、店の入り口にヒントを貼ると、運営の負担は減りますが、お客様の動きは固定されます。中に入りませんし、店舗の方と話す必要もありません。

ガーデンパーラーさんでは、ヒントを店舗の奥の自動販売機に設置。
これにより、ヒントを探して奥まで入り、それにより(屋台や自動販売機などの)商品や休憩場所、トイレ等に接触させ、お客様がお金を落とす可能性を高めているように感じました。

これ↑は売場のレイアウト(≒マップデザイン)としてお手本になります。

自分たちもヒントが貼ってあった自動販売機で飲み物を買って休憩しましたが、その後のお客様を見ていても、5-6組に1組は店に入って座っていました。
(当日が暑かった、というのもあるでしょうけれど)


それにしてもシュールな後姿だ。真っ赤な像が一対…。

DSC05802.jpg


さっさと終わりたいのですが、つづきます。
エノシマトレジャー」に参加してきました。
続き。

エノシマトレジャー
(企画・監修)◆宝探しサイト【タカラッシュ!】

=============

ヒントを探しつつ、メインストリートをてくてく。

…そういえば…江ノ島って坂と階段が多かったな…(=□=;

実は前日の金曜日、旦那が藤沢で飲むことになりまして。
じゃあホテルに泊まってください!私は早朝に向かいますから!!

…と、急遽江ノ島行きを決めたのです。
(我々はこれだけ下北沢を推しつつも埼玉県に住んでいまして、江ノ島まで2時間かかるのです。)
=========

さて、今回の謎ですが…地図が凝っております。男の子の冒険心を刺激しますね~。

無題4


<残響の章>
龍の住む地の向かいの小道。音が響く場所の多くの願いの中に隠した。

無題


<双獅子の章>
左右に唐獅子、天に牡丹。緑の唐獅子が守る後ろに隠した。

無題2


<時空の章>
緑の円の周りにある「時の装置」の下に隠した。

無題3

…全くわからんがな…(=□=;
(※カレーとしらす丼食べつつ解こうとはしたんですよ~)

ヒントを拾いつつ頂上にのぼり、その後降りつつキーワードを回収する方向に。


DSC05779.jpg
DSC05782.jpg

ヒントはC1と同様、店頭に貼ってありました。
自動販売機に貼ってあるものが多かったかな。

ヒントを見ているお客様も多かったです。

上から下ってきている人たちは本当に「見るだけ」といった様子。
下から上っている人たちは親の携帯でパシャ☆

「C1グランプリ」と比べ、参加者が慣れているせいか、お店の邪魔にはなりにくいように感じました。

また、「ヒント提供店」のひとつ、「ゑじま」さんは裏路地にありまして。
↓の、旗がはためいている(店の前に人が座っている)のが「ゑじま」さんですが、ずんずん進んでいくと…

DSC05786.jpg
DSC05788.jpg
DSC05789.jpg
DSC05790.jpg


うみーっ(≧∇≦)/

このコース作りは上手い!やられた!燃えた!!

子供は危ないような気もしますが(でもそればかり言っていたらつまらないものになる)。

============

大通りのヒントを全て回収し、江ノ島エスカーを使って上に。
※江ノ島には有料のエレベーターがあります。大人350円。

DSC05794.jpg

前回エスカーに頼らず歩いたら大変だったので…orz

それにしても「江ノ島エスカー」。
ヒントマップだけだとお店に見えて、鎌倉カスターみたいなお菓子を売る店かと思ったよ。


エスカー(1段階目)を降りると龍発見!
これは…<残響の章>の謎に絡むのではっ!!

DSC05795.jpg


…などと考えて歩き回ったんですが、何もなかった(笑)ので、エスカー(第2段階)に進むことに。


DSC05796.jpg


ん…?「龍恋の鐘」なんてものがあるのか。
これは…<残響の章>のイメージとはぴったり。ここが目的地かな?

==========

エスカーで頂上まで上りきったところで、ヒントも10個集まっているし、謎を解いてみることにしました。

続きます。


検索フォーム

プロフィール

まつ。

Author:まつ。


下北沢で謎解き×町発見
イベント?を行う集団
次回開催は6月を予定しています
下北沢情報と
リアルゲームイベントの
情報が多めです

問い合わせ:quest@bu-ra-ri.com

参加者/協力者募集中

Twiiter

    follow me on Twitter

    ぶらり下北沢

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。