上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下北沢音楽祭の情報が公開されました~

第20回下北沢音楽祭 2010.7.7~7.11

音楽祭

7/7(水)~7/11(日)の5日間、下北沢音楽祭が開催されます。
1991年の第1回から数えて、今年は20周年という記念すべき年になります。
下北沢の町内各所で行われ大好評だった屋外フリーライブ「フラフラ下北沢」、
北沢タウンホールでアーティスト、市民、大学生による演奏が行われる「ヨナヨナ下北沢」、
ブラスバンドが町内を練り歩く「クリーンクリーンパレード」などなど、今年も盛りだくさんの
内容を予定しています。どうぞご期待ください!


…とのことです。
フリーライブ出演アーティストも募集中☆

=============

第22回東京学生映画祭 特別企画 東京学生アニメフェス!


学生映画祭

日時 :2010年 5月28日(金)   
場所:世田谷区北沢タウンホール 
チケット : 前売り一般:500円
当日券:600円


行きたいんだけど平日っ…(^_^;

==========

成城学園前駅舎と駅前広場、「あとち」の視察と
 発表される「上部利用検討委員会案」についての勉強会(あとちの会)


あとち

【視察会】
2010年5月22日(土)4:30pm 成城学園駅前西口バス乗り場の出口に集合

【勉強会】
同日 6:00pm~8:30pm
北沢タウンホール 2階第2集会室 入場無料(カンパ歓迎)

講師:小林正美(あとちの会顧問・ 明治大学理工学部建築学科教授)
    成城学園駅前については、地元の方にお話を伺います。


==========

久しぶりに下北沢な情報が書けました。


では運営側の話3回目。
今回は準備の流れとミス(バグ)について、です。

気になる方だけRead Moreからどぞ。


===========

1回目のテストプレイを終えての大きな反省点は

1)「全体の流れ」を示していない為、どこまでやればゴールなのか?プレイヤーは判断できない

2)プレイヤー属性と入店する店舗の属性が異なる(→購買意欲ダウン)

3)紙が多く、準備に手間がかかる。

4)物語をいれても、認識できない(邪魔)。

詳しくは第1回テストプレイの反省をご覧ください。→カテゴリ「第一回テストプレイ」


この反省を元に

1)全体の流れが分かるように問題用紙を工夫する

2)コースを分けて選べるようにする

3)紙を減らす → QRコードを使う

4)物語はなくす。あってもスパイス程度にとどめる

5)運営者が少ないので、ゲームが自動的に進むように(メールを送ったりはしない)


…といった方針としました。

==========

1)全体の流れが分かるように問題用紙を工夫する

今回一番がんばったのは問題用紙と地図です。
第一試作がこちら。

DSC06167.jpg
DSC06168.jpg
DSC06169.jpg


A4を折って4Pにしています。

(構成)
1P(表紙) クエストのロゴと全体地図
2、3P(中) 看板めぐりの問題と回答用紙
4P(裏表紙)カフェ問題の回答、検索問題の回答

(結論)
きれいにまとまった!が、…小さすぎる…orz

また、カフェ問題と看板問題は「どちらが先でも良い」仕様にしたかったのですが
それが伝わりにくくなりました。

エノシマトレジャー」の地図を見ながら作っていると、あの地図がどれだけすごいか分かります。
(見た目ではなく、情報の整理と収納がよくできている、という意味ですごい)

無題4

色々考えた結果、「問題用紙」と「回答用紙」と「地図」を分けることに。



第二試作。
DSC06170.jpg

問題用紙と回答用紙を切り離し、解答用紙で流れを説明。


ほぼ完成品。
DSC06171.jpg

地図はこんな感じ。店舗紹介もつけました。
当初は「食いしんぼう将軍」コースだけにつける予定だったので、食べ物や中心です。

地図

…池ノ上にあるボンジョリーナがあるのは…知識不足もあり、店舗が足りなかったからです…(^_^;


用紙はEXCELだけで作成しています。
試作から1週間くらいかかりました。

…回答用紙は、当日朝完成しました…ボソッ。

看板巡りの文字と回答用紙の文字が違う、というバグが発生しております。

また、看板の文字が通し番号なのはわかりにくい、という指摘もありました。
たしかに…(=_=;

ただ、コースごとに写真の記号を変えると、バグが増える可能性も高まるんですよね…
(地図の種類も増えるし、写真の種類も増える為。組み合わせが増えるとエラーも増える)

しかし説明は足りなかったと思います。この辺は要改善…

================

2)コースを分けて選べるようにする

今回は
・おさんぽ大王
・くいしんぼう将軍(食べ物や中心)
・おしゃれ泥棒(女性限定)
・独身貴族(男性限定)

…を設定しました。

【応募数】
・おさんぽ大王   9
・くいしんぼう将軍(食べ物や中心)2(※1組はお願いした)
・おしゃれ泥棒(女性限定) 0
・独身貴族(男性限定)   1(※お願いした)


…ということで、お願いしなかったらほぼ全組おさんぽ大王だったのではなかろうか…(遠い目)


応募をいただいた方の属性を見て、「おさんぽ大王」は(親子編)と(大人編)に分けました。
(親子編)では子供服を売っているお店も加えており、(大人編)では男性も入れるお店を加えています。

属性(年齢や性別)に合わせて店舗を変えることは好評でした。
ですが、
「プライスラインやテイストが違うお店がいきなり入ると驚く」
「くいしんぼうコースでセレクトショップが入ると戸惑う」

…といった声もありましたので、次回以降はお店の中身も、ちょっと考えたいです。
(今回は歩きやすい流れで店舗を決めました)

コースとしては性別を限定するものは一旦無くします(^_^;

===========

3)紙を減らす → QRコードを使う

・カフェでのヒント
・検索巡りで手に入れるもの

…の2つをQRコードに。

特に検索巡りについては、シモキタ@クエストの告知ポスターのようになっていてうれしい(^_^*
ヒントで問題の難易度を選べる事についても好評でした。

あとは「QRコードの絵柄を深読みしてしまう」という意見がありました。
ですよね~(※全く意味はありません)


QRコードをスキャンするとURLが現れますが、当初の予定では「文字が表示される」でした。

QR-JAMをつかうと、QRコードに全角文字を含める事もできます。

QRJ.jpg


…ですが。
スキャンしてもiphoneだと文字化けします。
(携帯電話だと、問題なく読み取れます)

このことが判明したのが土曜日の午後でして…orz
(土曜日の17時から、協力店舗に挨拶しながら問題用紙を渡す必要がありました)

まあ、そんなもんです。
※余裕を持ってつくりましょう……

カフェ問題では「カフェで解く問題」「ヒント」「検索問題」の3種類を渡していましたが、
最初に「カフェ問題」と「ヒント」を渡すオペレーションで良いように思いました。

============

4)物語はなくす。あってもスパイス程度にとどめる

前回は「小林くん」という架空のキャラクタを登場させましたが、今回はなし、でした。
なくても充分おもしろいといいますか、作り手が思う以上にプレイヤーはストーリーを追えないものです。

その為、5月12日(水)までは普通に作っていたのです。が。

看板

「真龍寺」と「紅屋」(食品市場)は行っておもしろい場所なので、ほとんどのコースに組み込んでいました。
コースに「真龍寺」が入ると、検索語に「紅龍」という言葉を表すことが可能だと気付きまして。

「紅い龍の謎を追う」とか燃えますよね!

でも、どうなのか?
シモキタクエストとして入れるのがいいのか、子供っぽくならないか?

真龍寺

…という相談を、kanowiに投げたところ、

「味付け程度ならアリ」
「おもしろくなるなら採用」
「女性がそういった要素を好まないかどうかも含めて、テスト」

…ということになり、13日(木)夜に紅の龍の要素を加える事となりました。
14日(金)の夜は貫徹でしたが、まーそれくらいでなんとか出来るものです(^_^;


看板の検索文字については、なんとか意味のある言葉にしたかったのですが……
「協力いただく店舗」×「プレイヤー属性」×「歩く道のり」を考慮した上で、
最後に決めるのが「検索文字」なので…意味を考えるのは大変です(今回は諦めました!)

漢字をアルファベットに置き換える等も考えましたが、問題が長すぎると入らなかったり。
この辺はブラッシュアップしたらもっと良くなりそうなので、どうにかしたいな~


5)運営者が少ないので、極力自動的に(メールを送ったりはしない)

写真を撮影してチェックポイント通過!…というのにも惹かれつつ。
今回はメールのやりとりはなし!にしました。

小林君(メール用キャラクター)がいないだけですごく省力化できました。

Twitterはプレイヤーさんにおまかせ☆…でしたが、広告効果も高そうで、意外とよかったですね(^_^
ただ、ユーザーサポート窓口が増えすぎて困りました(電話、メール、Twitter)。

次回は電話だけにしたい…(下北沢だとやりとりするより、こちらが行った方が早い)

===========

◆まとめ

制作に関わった人:3人
制作にかかったお金:4000円
制作にかかった時間:ふたりで30時間くらいかな。

動員人数:20人

===========


今回の反省はこのくらいでしょうか。
アンケートは集計が終わったら掲載します。

次回に向けて動き出さねば!です。

テストをやったおかげで協力店舗の負担も見えてきたので、次回はもっと楽しいものにできるよう、
がんばります。

明日からはようやく~Twit Huntingの感想が書ける!はず!

余談ですが、打ち上げでいった「湧水」さん、おいしゅうございました…。
スタッフが全員鹿児島出身らしく、鹿児島弁での会話が楽しいお店。

DSC06156.jpg
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

まつ。

Author:まつ。


下北沢で謎解き×町発見
イベント?を行う集団
次回開催は6月を予定しています
下北沢情報と
リアルゲームイベントの
情報が多めです

問い合わせ:quest@bu-ra-ri.com

参加者/協力者募集中

Twiiter

    follow me on Twitter

    ぶらり下北沢

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。