上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都の街で謎解き!リアル探偵ゲーム「おさんぽ探偵団」をやってみた(はてなコラム)


いいなー。私がやりたいのもこういう雰囲気のイベントなのですよ…(複雑すぎない程度に、仕組みは考えますが)
初報を聞いたときは京都まで行く!…等思いましたが、3月は忙しくて無理だー

=========

○ガイドブックがかわいい!

↑こ れ 重 要 。

京都はリアル脱出ゲーム主催のSCRAPさんがいますが、今回の主催:すなばさんもSCRAPさんもフリーペーパーを配っているから…デザインのセンスもノウハウもあるのはうらやましい。うらやましい。

「エノシマトレジャー」も「ONION QUEST」も私は好きですが、コアターゲットが子供、特にRPGでドキドキした男子のような気がします。
「セカイカメラ」を使うなら、ターゲットは大学生~社会人のはずだし、iphoneの販促を絡めるのであれば、ターゲットは女性にする必要があります。

よい企画だなあ。

貸し出しているiphoneをSoftbankが提供しているかは分かりませんが、車の試乗があるように、iphoneなどのスマートフォンは体験会を行ったほうが納得して買えると思う。

でもって。

携帯電話に慣れている+iphone(スマートフォン)は難しそう
…てユーザーには、説明するより使ってもらった方が早いです。

私も旦那が使っているのを横でみていますが、買う!てところまではいきません。
なんとなく難しそうだし、なんとなく話にくそうだから。


他方、携帯電話市場も飽和しており、携帯電話会社としてはスマートフォンの販促をすすめたいところ。
でも、スマートフォンは店頭の接客だけでは売れないはずなので(機能が多すぎて使いづらいというネックは残るし、接客が出来る人=使っている人)、こういった遊びと組み合わせてお客様に体感してもらうのは良いと思う。

今回で効果測定ができたはずなので、営業に行っても相手にしてもらえるはずで。
(2週間で600人はすごいと思う。借りた人が何人かも知りたい…)

20100304.jpg


TVドラマや映画などで「キャラクターに商品を使わせる」という広告手法がありますが、主人公=プレイヤーであるゲームイベントではこの手法に加えて、プレイヤー(=お客様)自身に使ってもらえる、というメリットがあります。

また。
イベントの協賛を行うことで、街中に販促物を設置する/配る/(音楽を)流す…といったこともできます。
町全体をメディア化するわけです。

============

個人的に、こういった町歩きイベントは観光よりも地元密着型の方がうまくいくと思っていることもあり、その地域で告知を行いたい/その地域の需要を喚起したい…場合は悪くないのかも知れない。

お客様が来ることで地元の商店も潤いますし、地元のお客様で一定の売上を上げないと店舗の維持が難しいですし。

地元のお客様で損益分岐点売上高をキープし、観光目的のお客様のお買いあげは利益に…できるといいですよね…

============

そういえば。
こういったイベントの名称は「リアル○○ゲーム」になっていくのだろうか。


ex.「リアル宝探しゲーム」「リアル脱出ゲーム」「リアル探偵ゲーム」


ARGより伝わりやすいし、こんなんでいいのかも知れない。
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

まつ。

Author:まつ。


下北沢で謎解き×町発見
イベント?を行う集団
次回開催は6月を予定しています
下北沢情報と
リアルゲームイベントの
情報が多めです

問い合わせ:quest@bu-ra-ri.com

参加者/協力者募集中

Twiiter

    follow me on Twitter

    ぶらり下北沢

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。