上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エノシマトレジャー」に参加してきました。
続き。

エノシマトレジャー
(企画・監修)◆宝探しサイト【タカラッシュ!】

=============

ヒントを拾いつつ、島の奥まで進むことにしました。

DSC05804.jpg

DSC05807.jpg


江ノ島、2回目だったのですが

……こんなにアップダウン激しかったっけ……(=□=;

などと思いつつ、巡り歩きます。


途中、赤い像とか

DSC05805.jpg

海が見える断崖とか

DSC05808.jpg

龍が守る神社とか

DSC05812.jpg


見ごたえのあるロケーションが満載でした。
江ノ島って龍が祭られていたのだなあ…こんなにあからさまなのに、前回は気付かなかった。
(前回は庭園で海を見ながらコーヒー飲んでぼへっとして帰りました)

こういった奥の部分まで歩いてもらえる、というのはゲームの利点だと感じました。

ただ、どうもゲームに集中すると「ゲームの謎に登場するオブジェクト」を探してしまう為、例えばこのタイミングだと、「龍に関係する音が出るところー」…を探しつつ歩いていました。

丁度春祭り中で大道芸などもやっていましたが、足を止めて楽しむ余裕がなかったのは勿体無かったなー

============

さて、ずんずん歩いてヒントを二つゲット。

DSC05806.jpg
DSC05809.jpg


お店の店頭で鐘の模型や鍵が売られたりしている為、これは「龍恋の鐘」で正解だろう、ということでそちらに移動。

DSC05814.jpg

江ノ島には、五つの頭を持つ悪い龍が、天女に恋をしてしまい、結婚するために悪行をやめたという伝説があるそうです。江ノ島の恋人の丘にある龍恋の鐘は、この伝説にちなんで設置されたそうです。

この南京錠には「二人の仲に鍵をかけて、いつまでも一緒にいようね!」という、恋人達の願いが込められているんだそうです。

(引用元:http://www.three-f.co.jp/yokohama/syounan02/nankin.html


いまひとつ伝説と鍵の由来が一致していない気もしますが(^_^;
南京錠にはカップルの名前が書かれておりました。

ついに発見!


DSC05816.jpg


…したのですが、ニアミス。
ニアミス自体は仕方ないのですが、並ぶのがツライところ。

ただ、「宝箱を開ける」形式だった「C1グランプリ」よりショックは小さかったのには驚きました。
ニアミスする部分では「掲示型(自分以外の人間が見ても違和感がない設置方法)」の方がいいのかも知れません。


DSC05815.jpg


続きます。次で終わりー。
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

まつ。

Author:まつ。


下北沢で謎解き×町発見
イベント?を行う集団
次回開催は6月を予定しています
下北沢情報と
リアルゲームイベントの
情報が多めです

問い合わせ:quest@bu-ra-ri.com

参加者/協力者募集中

Twiiter

    follow me on Twitter

    ぶらり下北沢

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。