上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
02
20

商店街でTwitter

高円寺が熱い!

商店街がなぜつぶやくのか “Twitter商店街”の先駆け・高円寺ルックに聞く (1/2)

(以下引用)
 中澤さんは今、高円寺ルック商店街のすべての店舗が@koenjilookにつぶやきを投稿できるシステムの開発を、外部と協力して進めている。新高円寺通商店街振興組合の理事は60~70代が多く、PCをほとんど使ったことがない人もいるため、携帯電話などを使って、「孫とメールしているような感覚で簡単に情報発信できるようにする」ことが目標だ。


これはいい!
システムが作れたら貸してほしいなあ(システム開発にかかる費用を教えて欲しい…)
(Twitterの仕組みがよくわからないのですが、チームで同じタグに投稿したりはできないのかな…?)

商店街にある店が一緒にチラシを発行しているようなものなので、お客様にメリットが多い。
しかも、「受け取りたい人だけ受け取れる」ので、利便性が増すだけですし。


東京の商店街を回る!ARGみたいなのも有りかな、と思いました。
他の地域だと移動距離が膨大ですが、東京ならできる!(西側だけ、東側だけ、で分けたら尚できるし、参加しやすいかな)

今回、高円寺の写真を見て思いましたが、『数年前に行った時と、町の雰囲気が以前と変わっている/変わっていない』てことに気付くには、目で見るのが早いんですね。

WEBに掲載される写真や動画で興味を持ってもらった上で、町歩きイベントをフックにして実際に体感してもらう。
「試しに行ってみる」きっかけを作ることが大事だと思います。

商店街同士も、いい意味でライバル、いい意味で協力者であるといいと思います。
でないとチェーンストアにまける(笑)

現代は情報戦の時代だと思いますが、チェーンストアは全国にあって、ポスターを貼れ、チラシが(店頭で)配れるのがデカイ。名前が売れているのもデカイ。

商店街は、地域の人以上に、観光客に知ってもらえたらいいと思う。
東京は町同士が近いので、色々回れますし、新宿/渋谷は買い物にはいいけど、観光だと微妙な感もあるので。
(新宿の「おもいで横丁」が外国人観光客に人気らしいから、下北沢とか高円寺も呼び込めなくはないと思うんだよなー)

下北沢の商店街情報は、鍛冶川さんが頑張ってます。

http://twitter.com/burarishimokita

フリマ…あなたも20年だったのか…
(鍛冶川さんに伺うイベントは、みんな20年以上の歴史があるのに知らない。旦那が笹塚(下北沢の隣町)に10年くらい住んでたのに何故だ。)

==========

余談ですが。

ある程度イベントの企画が立ったら「すごろくや」(ボードゲーム屋です)さんに行くんだ…
現実空間で、子供でもぱっとわかるルールの10分くらいで1ゲーム終わるようなボードゲームを探したいなあ。
(※子供たちは遊戯王カードで遊んでいるので取り入れるのもよいのでは?というKegうららさんの発言やら、ゲーム業界の方たちはボードゲームを勉強会で扱ったりしているらしいので、イベントにカード/ボードゲームを上手く組み込めないかと。行きたがっているのは旦那ですが)

「フォロワー数×1円割引」――太っ腹な“Twitter割り”はなぜ可能だったのか

===========


今日はこれからAOUショーにいってきますー
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

まつ。

Author:まつ。


下北沢で謎解き×町発見
イベント?を行う集団
次回開催は6月を予定しています
下北沢情報と
リアルゲームイベントの
情報が多めです

問い合わせ:quest@bu-ra-ri.com

参加者/協力者募集中

Twiiter

    follow me on Twitter

    ぶらり下北沢

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。