上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアル脱出ゲーム「終わらない会社説明会からの脱出」、説明会で開始(ARG情報局)

株式会社ワイキューブ 新卒採用ページ


面白そうですね。
ワクワクする感覚って大切ですね。

脱出ゲーム以外もおもしろそうだなー
ブログ(mixiでもいいんだけど)で選考は、私も昔考えたなー

…まあ、毎年増減している新卒採用数が気になりますけれども。

 2006年度実績 34名
 2007年度実績 10名
 2008年度実績 35名
 2009年度実績  6名(マイナビ採用ページより


今年の採用予定数は何人の予定で、この規模なのだろう…?

採用活動を企業のプロモーションやコンサルティング業務と絡めているようなので、倍率はすごいんじゃないかな。
仮に30名を採用予定だとして…先輩が111人しかいない状態だと、若手過多で安定しないような…気もする…な…

==========

個人的に、新卒採用の学生を選ぶのであれば、「選ばれる側の人間にARGを主催してもらって、参加者を選考する人事担当にする」というイベントを開いてみたいなあ。下北沢で。

既卒、新卒関係なく、30歳手前の人なら誰でもオッケーにしちゃう、と。

面白法人カヤックさんもARGに興味を示していたし(…勉強会はいけなかったんだけれども…)、活きのいい、経営者が若い企業にはウケると思う。

ユニクロみたいな企業も好きそうだけど、どうだろう。
店舗運営能力や経営者としての資質は分かる気もするんだが…
(↑私のとき=10年前の説明会では、カードゲームでSPAについて体験させていました。よく考えると先進的なセンスだ。)

========

Kegのみなさんが主催していた「ぼくらのシモキタストーリー」を見ていた感想として、ですが、サービスを受ける側の顔より、サービスを供給側の顔の方が、採用する気になりますから。
(サービスを受けるのが上手い人は、サービスを供するのも上手いとも思いますが)

一種のオーディションみたいなのでドキドキではありますが、テスト受けて不採用!てされるよりはマシかな。
内省できるし。
(私は新卒採用の時期に30社くらい落ちましたが、理由はよくわからなかった・笑)

インターンシップより、1つのプロジェクトを終わらせた経験値の方が仕事に活きると思いますから、仮に、不採用だったとしても経験値になると思う。

うーん、そっちの方がおもしろそうだなあ。
私がやるんだったらそっちの方向だなあ。

========

現在、下北沢で行うイベントについて色々話し合っていますが、ゲームって奥が深いですねー
可能性が広がりすぎて収集がつかなくなります。

ビデオゲームを作っている人は、削ぎ落とすのが大変だろうなあ。

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

まつ。

Author:まつ。


下北沢で謎解き×町発見
イベント?を行う集団
次回開催は6月を予定しています
下北沢情報と
リアルゲームイベントの
情報が多めです

問い合わせ:quest@bu-ra-ri.com

参加者/協力者募集中

Twiiter

    follow me on Twitter

    ぶらり下北沢

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。